士魂商才

人間の世の中に立つには、武士的精神の必要であることは無論であるが、しかし武士的精神のみに偏して商才というものがなければ、経済上から自滅を招くようになる。(論語と算盤 -処世と信条-)

士魂商才とは、日本の伝統的な道徳観念の基である武士的精神とビジネスセンスの両方を持ち合わせることが今日のビジネスにおいて、持続的な経営をするためには必須であり、商才は、道徳に基づいたものでなければ真の商才ではなく道徳の離れるべからざるものであると渋澤栄一は説いています。 渋澤が基本としている「道徳経済合一説」を別の形で表現したものと捉えることもできます。 現代の経営教育では、とかく知識、特にに分析・戦略にのみ偏重する傾向があり、渋澤が重視している「道徳」の教育が疎かになっているのが現状です。これも現代の企業の企業倫理面での問題の一因かもしれません。

error: Content is protected !!