Category Archives: 業務管理

こころの5S(ストレスとの付き合い方)

 

突然ですがブッダは「生きることは苦しみである。」と言い切っています。しかしその苦しみには原因があり、それは取り除くことができ、その「方法」があると説きます。(反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」 草薙龍瞬 著))これは苦しみを受け入れるのではなく、まず「認識する。」ことが重要だといいます。この本に書かれている方法はとても実践的です。これを理解したときに日本の業務管理手法を5Sに近い考え方で、5Sで説明できるとわかりやすいのではと思い、「5S」を使った説明にチャレンジしたいと思います。

まず、目を閉じて心の中を見ます。これには武道での黙想、或いは禅、マインドフルネスの瞑想の手法が有効です。そして心の中を認識します。好奇心を持ってどのような感情があるか意識します。その上で以下のステップを行います。

1.整理:心の中の感情にラベルを張り、整理します。客観的にどのような感情があるか言語化することで、落ち着く効果もあります。自分のビジョン(信条)と照らし合わせ、ラべリングされた感情の原因のうち必要なものと必要でないもの(たとえば貪欲、怒り、妄想)に整理します。(わたしは仕分けの質問は「この原因・感情はビジョン達成の最善の道に繋がるか?」を使っています。)必要でない原因は手放し、必要な原因のみ手元に置きます。

2.整頓:、残された自分の成長に必要な「苦しみ(ストレス)の原因」を活用することを考えます。ビジョン達成に繋がる感情(ストレス)をどの順番で活用するか優先順位をつけ使いやすいようにします。

3.清掃:心の掃除を日々行います。

4.清潔:きれいに保たれた状態がどのような状態かを意識し、維持します。

5.躾:上記の4つのステップを維持できる仕組みを考え、継続的、定期的に実施し「習慣」にします。

このように考えると5Sを学んだことのある人には馴染みやすいのではないか思いますが、いかがでしょうか。5Sはすごいですね、職場環境だけでなく心の環境も整えることができそうです。

実際にやってみると、必要でないとわかった感情、原因を手放すのが簡単ではありませんね。イメージとしては必要のない感情は堰き止めるのではなく、「川の流れのように」そのままにしておくのがいいようです。