マネジメントにおける「共感」

Empathy
(Photo: “Empathy” by Sharon Sinclair)

「共感」とは何でしょう。
感情の研究者は「共感」とは相手の考え、気持ちを推し量り、感じ取る能力と定義します。

マーケティングの出発点は顧客ニーズです。これに気付くためにまず顧客を注意深く観察し、顧客に「共感」する必要があります。なぜなら、顧客ニーズとは「感情」だからです。顧客の気持ちを理解する必要があります。マーケティングとは、製品、サービスを通じていかに顧客に対して良い気分を提供できるかです。

「共感」はマネジメントにおいても重要な要素であり「いかに良い関係を築くか」にも大きく影響します。もしあなたが相手の立場に立つ(相手の靴に履きかえる)ことができれば、相手の気持ちが理解できます。しかし、我々は自分の都合のみを考えがちです。もし相手の気持ちに共感できれば、見方を1つ増やすことができます。よりよい解決方法を見つけられます。常に共感を意識することで、よりよい関係を築き、維持することができます。これは組織運営にとっても、個人の生活にとっても重要なスキルです。当たり前のことですが忘れがちなことでもあります。

周りに気を配り、気持ちを感じとりましょう。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

2 × 1 =