この瞬間を大切にする~マルチタスクとマインドフルネスの関係

(Photo: “mindfulness by Darragh O Connor)

コンピューターで一度にできるだけ多くの作業を並行して実行できる「マルチタスク」化が重要とされて以来、働く私たちも同じような作業のマルチタスク化する傾向にあります。例えば電話をしながら、コンピュータで別の書類を作成し、その上で最近目に付くのが、スマートフォンを机の上に置き、仕事の間にSNSをチェックする現状です。このような現状で果たして作業は本当に効率化しているのでしょうか。自分の経験に照らし合わせると、それぞれの仕事に対する正確性が失われ、集中力を欠き精神的に疲れている割に、効率的な仕事ができていません。

では、どうしたら多くの仕事を抱えて、効果的、効率的にこなすことができるでしょうか。

本来、生産性を高めるためには「今、この瞬間を大切にし、敏感になる必要があります。」これは「マインドフルネス」の考え方です。直感的には一度に複数の仕事をした方が効率的に思えますが、実際には異なります。 多くの仕事を抱えて「マルチタスク化」をし疲労し、壁に当たったら、携帯電話を鞄に入れて、一度休憩し、深呼吸してこの瞬間に集中してみてください。いかに自分が1つのことに集中していなかったことに気付くと思います。その上で優先順位を考えから、仕事を一つずつ実行しましょう。効率的にしかも正確に行うことが出来ます。

この瞬間、一日、一日を大切に、ひとつずつ。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

eighteen + nineteen =