人生を幸せにするものとは


ハーバード大学で75年もの長期に渡り、実際に約700人を対象に10代から90代までの間、彼らの人生の追跡調査をし、「人生を幸せにするものは何か」を研究したという興味深いプレゼンを見た。その結果は意外にも非常に単純な結果であった。

人生を幸せにするものとは、何だと思いますか。

それは裕福になることでも、有名になることでもありませんでした。それは家族、グループ、地域社会において、「良好な人間関係を築いていること。」しかもその人脈の広さよりも、関係の「質」が重要とのこと。 この良好な関係を築くことが身体的に、精神的にも良い影響が確認され、身体、精神ともに健康で長生きである。 反対に「孤独」を感じることで身体的にも、精神的にも悪い影響があり、寿命も短いとのことです。

人の悩みのほとんどが「人間関係」にあると言われています。この悩みを避け、関係を断つと「孤独」となり、逆効果となります。人間関係は悩みの原因でもあるが、良好な関係は、「幸福」にも繋がる。 よって勇気を出していかに「よい人間関係」を築くかが重要です。まさにいかに効果的にセルフマネジメントを行うかが、組織において効果的なだけでなく、お互いに幸福な人生を送れるかにも影響します。勇気を出して積極的にマネジメントに取組み、幸福な人生を目指しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ten − four =