自分の考えに固執しない方法


打ち合わせで、取引先と議論になった時、無意識に自分の考えを主張しようと考えることが多いのではないでしょうか。打ち合わせあるいは会議の場を「議論を戦わせる場」と捉えるなら当然のことですね。冒頭のプレゼンテーションでジュリア・ゲㇾフ(記事:英文)はこれを「戦士のマインドセット(意識)」と呼びます。しかし互いに主張しあっった後に、冷静に考えてみると相手の考えの方が正しいと思える時もあるのではないでしょうか。このように自分の考えよりも、好奇心を持ち、事実を理解する意識を「スカウト(斥候)マインドセット」と彼女は名付けました。スカウトの仕事は事前に現場に行き戦場の地形、状況を広い視野で冷静に観察し「理解」し、その後の戦略・戦術を立てるための正確な情報を提供することです。

ビジネスにおいても長年の経験、特に成功体験があると無意識のうちに自分の考えに固執してしまいがちです。

では「スカウト・マインドセット」はどうしたら持てるようになるのでしょうか。それは意識の問題で、研究から3つのポイントを指摘しています。1つは「好奇心を持つこと。」新しいことを積極的に学び、課題を解決したいと思うこと。2つ目は「オープンであること。」自分にとって都合のよいことも、悪いことも受け入れる。3つ目は「事実に基づいて判断する。」こと、自分が思っていたことと異なる事実が証明されたときには「あ、自分は間違えていた。」と素直に受け入れる姿勢を持つこと。

この「スカウト・マインドセット」を持つことは、マーケティングにおいて、マネジメントにおける意思決定の場面でも、普段の生活においても最も重要な要素です。意識して「戦士」ではなく、好奇心を持って「本当のことは何か。」を探究しましょう。そうすることで真実に近づける新しい発見をして行きましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

twenty − fourteen =