修身要領 現代語訳 その5(教育と文明の重要性)

  • 第二十七条 我々現代の人々は先代の人々より継承した社会の文明・福利を増進して、これを子孫・後世に伝える義務を尽くさなくてはならない。
  • 第二十八条  人の世を生きる際に智愚強弱の差がある。智強の数を増し愚弱の数を減らすのは教育の力にある。教育とは人に独立自尊の道を教えて、自らの意思で実践する方法を気づかせるものである。
  • 第二十九条  我々男女は、自らこの要領を心に止めて忘れないようにするだけでなく、これをひろく社会一般にゆきわたらせ、この世の全ての人々と共に率先して最大幸福の域に進むことを心に誓うものである。

修身要領 現代語訳 その1(独立自尊の定義、個人の独立自尊)

修身要領 現代語訳 その2(家族の独立自尊)

修身要領 現代語訳 その3(社会人の独立自尊)

修身要領 現代語訳 その4(国民・国家の独立自尊)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

6 + 13 =