1.1 パーマカルチャー・デザインの哲学

  • パーマカルチャーが必要とされる背景

私たちの消費志向の生活様式の拡大により、自然に対して「征服者」のように振る舞い、生態系を破壊し、多くの動植物を絶滅させてしまっている。これは私たち一人ひとりの無責任者に起因するものです。もうすでに無駄にする時間はありません。行動の時です。

  • パーマカルチャーの行動指針

「倫理的・道徳的意思決定のみが私たちの存続、そして将来の世代のために責任を負うことである。今すぐに行動しよう。」

多くの方々が気付いているように、すでに私たちは最終的な決断をすべき段階にあります。いかに互いに協力し、大きな転換を図るかが重要です。

  • 協力の原則

「競争ではなく、協力することが、私たちの生活を守り、存続するための最も基本的なことです。」

(出典:Permaculture a designer’s manual by Bill Mollison)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

19 − 9 =