0. パーマカルチャーとは

パーマカルチャーとは、持続的な農業を中心に、住居、農地、地域のデザインし、循環するシステムをを作ることです。

この名称には2つの意味があります。

  • パーマネント+アグリカルチャー(永続的農業)
  • パーマネント+カルチャー (永続的文化・生活様式)

自然のパターンから学び、気象、水、土壌、土木など複数の分野を横断的に学び、地域の気候に合わせてデザインし、実行します。1970年代にオーストラリアの生物地理学(Bio-geography)の教授であったビル モリソンとデビット ホルムゲンによって体系化され、現在では世界各国で学ばれ、実行されています。日本ではあまりなじみがありませんが、持続的な社会の必要性が叫ばれる今、1つの解決方法になるシステムだと思いますので、少しずつ紹介して行きたいと思います。

(出典:Permaculture a designer’s manual by Bill Mollison)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

4 + 17 =