1.2 パーマカルチャーの倫理

Source: permacultureprinciples.com

パーマカルチャーの基本理念

パーマカルチャーでは、日々の活動の際の意思決定を助ける以下のようなシンプルな理念・規範を設けています。

  • 地球への思いやり (Earth care)

すべての生き物が継続的に繁栄できるように。

  • 人々への思いやり (People care)

すべての人が生活に必要なものが得られるように。

  • 公平な分かち合い (Fair share)

過剰な生産、消費を控え、地球と人々のために蓄え、投資する。

自然と対決するのではなく、自然とともに働くこと。また土地(農地)、人から何を得るかではなく、土地(農地)、人と協力したら、何が得られるかを考え、行動することを基本としています。

また、できるだけ自然をそのままにし、資源を慎重に、大切に使い、以下のことを試みます。

  • 無駄、廃棄するものを減らし、公害を防ぐ
  • 生産活動等で失われた資源を徹底的に元に戻す
  • 使用するエネルギー量と生産されるエネルギー量を注意深く計算する。
  • 長期的な生態系に対する影響を評価し、緩和あるいは削減する。

(出典:Permaculture a designer’s manual by Bill Mollison)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

15 + 11 =